★初めていらした方は、右帯にある「お勧め日記」を御覧下さい!★「口唇裂・口蓋裂」「自閉症」で検索された方も、同じく右帯にまとめてある日記をどうぞ。★
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 アリ食いイチゴの記憶
2012年05月19日 (土) | 編集 |
庭のイチゴができました。

数年前に苗を買ってきて植えたイチゴちゃん。
植えた当事は、茶色くなった葉を落したり、実が土につかないようにチップを撒いたり
分からない事だらけの中、手塩をかけて育てていたイチゴだった。(←過去形^^;)

それから2年が経ち・・・あれあれ?よく見れば
勝手にツルを伸ばし、勝手に株が増えどんどん増殖していくイチゴちゃん。
なんて逞しいんでしょう。

(「妖怪メンドクサイ」な私と相性いいじゃないのー!)と、のん気な私。

よく見れば、アリさんも食べ放題なのでイチゴちゃんは穴だらけ!

ですが、そんな中 いくつかキズの少ないイチゴを発見!
近くに、次男のショウちゃんがいたので呼んで一緒に摘みました。

「いちご、ありさん、ダメねぇ~。」

間の抜けたイントネーションで私に話しかける自閉っ子ショウちゃん。

アリさんがイチゴ食べちゃうって知ってるんだ・・・。


ん?ちょっとまって!?
ショウちゃん、なんでそんな事知ってるの???

「ショウちゃん、アリさんがイチゴを食べちゃうの知ってるの?」

と聞き返してみるも、無表情、無回答。

あ、そうか!私が去年話した事を覚えていたんだね。

そうそう。植えたばかりで、アリさんがイチゴを食べちゃうなんて知らなくて
そろそろ摘めるかな~と思っていた矢先に
次から次へとキズだらけになっていく様子を見て

「アリさんが食べちゃったんだね~。残念だね~~。」

と、散々ぼやいていたっけね。

その時は、上手に喋れなかったショウちゃん。
今と同じく、無表情でイチゴを見つめていたショウちゃん。

きちんと、聞こえていたんだね。

それとともに思い出した私の小さい頃の記憶・・・
おばあちゃんの畑の隅っこに、イチゴが植えてあって
5月になると妹を連れて不恰好なイチゴをその場で頬張った懐かしい思い出。

あの時食べたイチゴも、お店で売ってるイチゴとは違って
小さくて土臭くて不恰好だったんだよね。

もちろん、農薬など使う事もなかったから、アリさんも食べ放題だったのだろうけど
私達もお構いなしに食べ放題だったっけ。
酸っぱかったけど美味しかったな~。



「ショウちゃん、アリさんが食べたイチゴだけどちょっと切れば大丈夫だよ!」

こんな些細な事でも、ショウちゃんにとっては衝撃的な思い出だったり
大事件だったりするんだろうね。

私が不恰好で甘酸っぱいイチゴの記憶があるように
彼の中にも、アリ食いイチゴの記憶が残っていくのかと思うと
ちょっぴり嬉しいやっくんなのでした。

【比較的綺麗なイチゴが採れたので記念撮影】

image1_20120519103216.jpg

image2_20120519103216.jpg






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。