★初めていらした方は、右帯にある「お勧め日記」を御覧下さい!★「口唇裂・口蓋裂」「自閉症」で検索された方も、同じく右帯にまとめてある日記をどうぞ。★
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 E缶ビフォーアフタ→
2010年07月06日 (火) | 編集 |
前記事を読んでない方はこちらからどうぞ!

◆E缶◆
◆E缶その後・・・◆
◆E缶その後・・・(2)◆
◆E缶その後・・・(3)◆
◆E缶その後・・・(4)◆

**********************


無事、綺麗に〆たと思ったE缶キャンドル・・・。

作成以来、子供が寝た後から旦那が帰ってくる間の
約3時間程度・・・

窓辺に灯して(部屋の電気を消して)
若干の電気節約を試みていたやっくん。



まさか・・・こんな事が起ころうとは・・・。


【E缶アロマキャンドル】
ビフォーアフタ→


まずアロマ的香りについてだが・・・

作りたてのキャンドルは、
ほのかなラベンダーの香りがしていたはずなのだが・・・

あれ??なんだか油臭い!!!

隣か?隣の家が、てんぷらでも揚げているのか???

窓辺から漂う、油臭・・・。

いや、隣ではない。

こいつだ!E缶だ!!!
窓辺に置いたこのE缶から
ただならぬ油臭が漂ってくる!!!

すげー臭い!すげー重たい匂い!!

胸が焼けそうだ。何も食っていないのに
自分自信が揚げ物になったような気分だ・・・。

そうか。

作ったばかりの時は、アロマ液が揮発され
それとなくラベンダー臭を放っていたわけだが
特に密封されているわけでもなく、油に混ぜられたアロマ液は
知らず知らずの間に、全て飛んでいってしまった・・と言う事か。

そして残された油のみが煌々と燃やされ
元々の油の香りのみが放たるようになった・・・と推測。

じゃあ、結局あの時、気付いてアロマ液を投入した意味って

全くないじゃん!!!!

っつうか!!!!

アロマ液の正しい使い方って
使用する時に、専用の皿の上に2、3滴垂らして
ロウソクや、専用のポットで温める。

ってこんなんじゃなかったっけ???

ていう事は

根本的に間違ってるじゃん!!!

やっぱ、使う時に毎度、キャンドルの上表面に
アロマ液を垂らした方がよかったんじゃん!!

そして、悲劇はそこに留まらず・・・

次の日・・・

201007_001.jpg

なんという事でしょう!

あんなに綺麗だった青色ががががああ
こおんな、中途半端なネズミ色にいいいい!!!

いやいや、実は元々こんな色だったのではないか?
E缶キャンドル!

完成した時の感激度が、私の記憶をちょっと割り増しして
私が勝手に「もっと綺麗な色だったはず!」とか
そう思っていただけではないのか?

そうだそうだ。そうに違いない!
元々こんな色だったさ。

ほうら・・・過去の写真と見比べれば一目瞭然さ~!

201007_002.jpg

・・・・・・。

記憶は正しかったようだ。。。。orz

では、では、あの真っ青な
トイレの洗浄剤のような濃厚な美しい青色は
一体どこへ行ってしまったのだ!??
(トイレの洗浄剤?美しい?)

201007_003.jpg

ここかーーーーーい!!?

そうか。

むりやり混ぜ合わせた水性インクだったが
キャンドルに火を灯し液が温まった事によって、
インクと油の本来の比重が露になり・・・・。

ニャあああああああああああああああああああああ。

絶対に旦那に笑われる!!!
どうにか、揚げ足を取りたがっていた旦那だもんな!!

しかも、ちょっとイヤな事が脳裏に浮かんできたぞ・・・

食用油・・・その昔、
使用後の廃油にカビ生えていた事を思い出した。

これは、元々、揚げ物に使った後の油・・・

やばくない?

保存料とか入ってないよ???
(だって、保存料とかよくわからないし)

このキャンドル、大気の中に潜む微生物などの
格好の餌にならないだろうか???

インクは腐らないけど、底の方に沈んじゃってるし・・・。

一瞬、アルミホイルに密閉して
旦那が帰る前に倉庫にでも片付けてしまおうかとも思ったが
この直感は侮れない!!!

B型の野生の感が働く。

が・・・

まいっか。┐(゚∀゚)┌

やっくん得意の「妖怪メンドクサイ」が発動!

えーーーと。

今年の夏は、庭でBBQでもやろう。

その時に、この廃油が燃えるかどうかを実験して終わろう。

終わると思ったこの話・・・
後程、E缶キャンドルアフタ→(アフタ→)
がありそうだ。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。