★初めていらした方は、右帯にある「お勧め日記」を御覧下さい!★「口唇裂・口蓋裂」「自閉症」で検索された方も、同じく右帯にまとめてある日記をどうぞ。★
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 出産当日【1】
2008年09月03日 (水) | 編集 |
本日(9月3日)、出産日ですが・・・

朝から「ナオ・ショウ」2人揃って、ワガママモード突入。
8時30分までに病院へ行かないとならないのに、
ショウは泣きながら「抱っこ」を要求。
(う~ん、私が家を空ける事が分かるのかなぁ・・・)

とはいえ、時間は刻々と過ぎていくので、
後の事は「パパ」と「ヤックン母」におまかせ。
タクシーで病院に向かってしまいました。(゜▽゜;)

計画分娩なので、まだ陣痛もありません。
サクっと病院へ到着。
なもんで「今から産むんだ~」という実感はありません。

朝ごはんは「食べちゃダメ」って事なので、
お茶しか飲んでおらず、

通り道にあるコンビニが、キラキラして見えます。

この時点で「子供を産む事」よりも、
産んだ後に「食べたい物達」が
頭の中をグルグルしております。

到着後、着替えを済ませ
陣痛誘発剤を飲みます。
(朝一に食べた物。この錠剤1個・・・シクシク)

こんなんじゃ、腹の足しにもなりません。

すると、すぐさま
今日の朝食(?)が運ばれてきました。

皆も良く知る「ブドウ糖」です。

20080903 006

ブドウ糖というと、体力が低下した時なんかに
病院で、よく注入してもらうよね。

でも、実はコレ
「陣痛促進剤」でもあるんですよ~。

30分置きに、注入スピードを上げていって
陣痛を促進させます。

さて、まだ陣痛は来ないですが・・・
その間に、背中に麻酔用のチューブを打ち込んでもらいます。

今回は3人目の出産なので、ヤックン

「無痛分娩♪」
を希望しておりました。(´▽`*)

無痛と言っても、完全無痛ではありませんが。

出産直前の、陣痛を逃す程度で
実際に産む時は、もちろん痛みはあります!

ていうか、

追加金、たったの2万円だしぃ~。

( ̄。 ̄)y


もう、いいよね。30歳かる~く超えてるし。

さてさて、そうこうしているうちに
陣痛が始まりました~!

早っ。

誘発剤を飲んでから、1時間30分しか経ってないのに・・・

お。そしてパパ登場。ヽ(゚∀゚)ノ
(元気そうでいいな、オイ。)

パパ「どんな感じ?」

ヤ「んっと・・・」

ヤ「∞プチプチ君、バックから取り出すの忘れて
 看護婦さんに持って行かれちゃった。うははっ!」


パ「意味ないじゃん。」


そう。
せっかく買いに行って来た「陣痛逃しアイテム」なのに、
出し忘れて、手元にないのですよ。

戦う前から、武器が無いんです。
無いっつーか、自ら武器を敵に渡してるし。orz

仕方がないので、
他の物で気を紛らわせるしかありません。

【他の物】
  ↓

20080903 008

まあ、これくらいしか見るモノないわな。

左側のグラフが子供の「心音」
右側のグラフが「お腹の張り」いわゆる「陣痛」

紙の、真ん中ら辺がピンクになっていて
ここが危険地帯。
子供の「心音」が小さくなったり、
お腹が極端に張ると、赤い部分に近付きます。

お昼頃になりました。
子宮口7cm位です。
かなり、頻繁に陣痛がきています。
でも、まだガマンできます!(でも、ちょっとキツイ)

実は、隣のベットに
私と同じく「計画無痛分娩」の方が寝ていらっしゃいます。

むこうは、まだまだ元気いっぱい。
縦になったり横になったりで余裕です。

しばらくすると、看護婦さんが入ってきて
「ご主人方、今のうちに、お昼御飯食べてきて下さい。^ー^」
と言うので、パパ2人退場。

しばし、陣痛室も静かになりました。

<長いので、続く・・・>



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。