★初めていらした方は、右帯にある「お勧め日記」を御覧下さい!★「口唇裂・口蓋裂」「自閉症」で検索された方も、同じく右帯にまとめてある日記をどうぞ。★
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 「赤ちゃんポスト」
2006年11月10日 (金) | 編集 |
えーっと、この記事は
賛否両論あると思いますが、
より多くの人に知って頂きたくて書きました。
(が、もちろんスルーしてもらっても結構です。)


ですが、私的に、ちょっと胸に痛い記事になってしまったので
続きに隠しておきます。


ここで、一つお願いがあります。
「赤ちゃんポスト」と聞いて、
辛くなってしまう方は、決して開かないようお願いします。

また、この記事に関してですが、
ただ単に、私個人の思った事を綴っただけであり、
周りの方の意見を侵害するつもりで書いたものではありません。

それを了承して頂ける方だけ開いてください。



冒頭から、イロイロと書いてしまってすみません。

<(_ _)>







先日、夕方のTVニュースで
「赤ちゃんポスト」なるものの話が聞こえ、
家事を中断して、耳を傾けました。



【以下内容】

■「赤ちゃんポスト」とは、様々な事情で自分の赤ちゃんを育てられない親が、設置されたBOX(赤ちゃんポスト)に、乳児を入れて施設に託すというモノ。

■ドイツでは、年間約1000人の捨て子があるそうで、ゴミ箱に捨てるくらいなら、ポストに託して欲しいと、2000年に始められた取り組み。
 

 


ここまで、聞いただけでも、耳を疑っていたのに、次に出てきたニュースキャスターの言葉に、私、言葉がでなくなってしましました。



「熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)が「こうのとりのゆりかご」と名づけて「赤ちゃんポスト」の導入を決め、2006年内にも受付を始める方針という・・・・。」



【導入に至った理由】

■捨てられて命を落とす赤ちゃんや、中絶せざるを得ない母親を救いたい。

■捨て子を見て見ぬふりをして『死なせてもいい』という論理が通るだろうか。子供には罪はない。


【設置に関して】

■病棟の外壁に縦45センチ、横64センチの穴を開けて「窓口」にする。

■空調設備のある室内に保育器1台を置き、育てられない親が、乳児をポストに寝かせる。

■24時間態勢で対応し、乳児が置かれると院内のブザーが鳴り、助産師らが駆けつける。


【その後の対応】

■多くは乳児院などに預けるが、同病院は、実の親の了解を得た里親が戸籍上の実子として育てる。

■特別養子縁組制度の適用も目指し、ポストを訪れる親が名乗り出る仕組みをつくりたい考えである。





そして、ニュースキャスターは、最後にこう締めくくった。


「理解を示す声、子捨ての助長につながるなどと
慎重な対応を求める声が交差し、波紋を広げている。」






っていうかですね・・・・・、


こういう方法しか、なかったんでしょうか?


(ポストとか言ってるの自体も、すっごいイヤなんですけど・・・)



たしかに賛否両論あると思います。




が、その前に・・・・



「誰にも相談もできず、子供を捨てなくてはならない親がいる。」
という事も、考えなければいけないと思うんですよ。


ただ単に、「簡単に、子供を託せる施設(?)」を作っただけじゃ
ダメだと思うんです。


確かに、助けられる子供も増えるでしょうけど、
逆に、子供の命の重さが、軽く受け止められてしまい、
もっと可愛そうな子が増えてしまう可能性だって考えられます。


あー、なんだろう・・・・

もっと言いたい事はいっぱいあるんだけど、
どうやってまとめたらいいのか・・・・。



とにかく、こんな重大な事を、
病院サイドだけで、簡単に決めてほしくないんです。

一母として。



全てを否定している訳じゃないんです。


「子供達に幸せになってほしい」と思う人は
あなた達だけでなく、日本中、世界中に沢山いるという事なんです。


話をする機会を設ければ、
沢山の人が、耳を傾けて
様々な意見が聞こえてくると思います。


そして、聞こえてきた意見を踏まえてね、この問題に対し
どんな方法が、一番良いのかをもっと慎重に検討してから、
方針を決めて頂きたいなぁ・・・。




そう思って、この記事を書きました。




*************************************************




うん・・・まあ・・・いつもの調子と
かなり雰囲気が違ってしまってごめんなさいね。




また、次回からは楽しい日記に戻りますので~。


(;´Д`)







コメント
この記事へのコメント
かなり、この ニュースに 動揺したようですが、答えは、ただ一つ。 自分の子育てを しっかり 成す事のみ。
2006/11/11(土) 23:46:49 | URL | さくら #-[ 編集]
非常に難しい問題の1つでもありますね。
これに限らずなのですが、他の国で実施されている良い部分は取り入れましょう~的な日本の政治について反対はありませんが、どこの国にも風習&民族性&宗教があります。だから、外国でよい結果を出しているから。。。などといった何かの統計で手を出すのは非常に危ないような気がします。
海外は、日本以上に女性の身が犠牲になっていることが多いので 日本の治安も決して最近はよくはアリマセンが 海外と同じように考えていいのかどうかっと……。ですから、捨てることがない環境づくりも同時進行で進めていくというのであれば、多少「ふむふむ」なのですが、お医者さんの命を救う立場からのみだけの見解で始めると 命は開始前より救えると思いますが、またやはり手放すことを楽観しする人間も増えないともいえないんですよね。
やっくんのうまく言えないけど・・・という気持ちよくわかりますね。書きながら どう書いたら 自分の気持ち伝わるかなぁっと久しぶりに悪戦苦闘させてもらいましたw。
長々 すみません。
2006/11/13(月) 10:34:52 | URL | revo #SFo5/nok[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/13(月) 10:47:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。