★初めていらした方は、右帯にある「お勧め日記」を御覧下さい!★「口唇裂・口蓋裂」「自閉症」で検索された方も、同じく右帯にまとめてある日記をどうぞ。★
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 コミュニケーションカード【8】
2010年06月03日 (木) | 編集 |
前回の話
→飛ばずして海は渡れない!【7】

*******************************************

【12月中旬】

現在、3歳9ヶ月。

この頃から、少しずつ絵カードを使って
ショウちゃんに物に名前がある事を教え始める。

ショウちゃんは電車の本を見ながら
嬉しそうに宇宙語を話す。

「あいi★○っけえ※#βんおー!
 みやー#ゝεあめでしょっ!!」


いい加減単語の一つでも出てきて欲しいものだ。
何よりも、我が子に「ママ」と呼んで欲しい。

ヘレンケラーの三重苦を思い出してしまう。

実際に物を指差ししないショウちゃん。

例えば、やっくんが本物のイスを指差して

「これがイスだよ?」

と教えても、軽くそっぽをむかれてしまう。

自閉っ子は、視覚優位だというのだが
リアルな物だと、かえって分かりにくいのかもしれない。

そこで

「ショウちゃん、物には名前があるんだよ」

そう言いながら、自作の絵カードを見せた。

いろんなアイテムが印刷されたカードを
ショウちゃんに渡し、名前を教えてやる。

isu.jpg toire.jpg
haburasi.jpg gohasn.jpg

すると、結構食いつきの良いショウちゃん!
自分で使っているアイテムが写真になってるので興味深いようだ。
カードを見ながらニコニコしている。

※ちなみに、御飯カードだけは反則チックである。
 実際、ウチの食卓でこんな豪華な食べ物は出たことがないwww


物に名前があるという事が分かれば
クレーン現象(欲しい物がある所へ、親の手を引っ張っていく)が
なくなるかもしれない。

また、このカードをショウちゃんが使えるようになれば、
言葉がなくてもコミュニケーションが取れる可能性があるのだ。

カードの種類を増やし、
御飯の時は「御飯カード」を渡して

「御飯の時間だよ」(*´∀`)

と、ショウちゃんに教える。

トイレに行きたそうにしていたら

「トイレーカード」を見せて

「トイレに行こうね!」

と言いながら、カードとトイレをマッチングさせる。

こんな感じで、ショウちゃんの療育が始まった。

【続く】



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。